持ち家と賃貸どっちがいい?①持ち家のメリット・デメリット|コラム|EQUAL(イコール)|福岡・佐賀の超効率的でお得に叶う新築注文住宅

Column

コラム

2021.12.03 | EQUAL スタッフ

持ち家と賃貸どっちがいい?①持ち家のメリット・デメリット

こんにちは!悠悠ホームEQUALです!

家づくりを考える際に、賃貸にするか持ち家にするか、悩まれる方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、「持ち家と賃貸の違い」についてご紹介します。

家づくりを検討されるご家族は、ぜひ最後まで読んでみてください!


持ち家と賃貸の違い


まずは持ち家と賃貸の違いについてご紹介します。


持ち家=購入した家


持ち家とは、購入した家のことです。

一軒家かマンションかに関わらず、「購入」した家は持ち家となります。


賃貸=借りている家


賃貸とはその名の通り、「借りている家」のことです。

持ち家とは違い、大家さんに月々家賃を支払う必要があるのが特徴です。


持ち家のメリット/デメリット


続いて、持ち家のメリットとデメリットについてご紹介します。



メリット① 自由にリフォームができる


持ち家のメリットの一つ目は、「間取りを変更したり、好みの内装に変更したり自由にリフォームができる」です。

長い間住んでいると、家族が増えるなどの理由で、内装や間取りを変えたくなることがあります。
そんな時、自由にリフォームできるのは、持ち家ならではです。

メリット② 自分の資産になる


持ち家のメリットの二つ目は、「自分の資産になる」です。

持ち家であれば、将来的にお金が必要になったときに売却ができたり、融資を受けるときの担保にしたりすることが可能となります。


デメリット 他の土地に移動しにくくなる


持ち家を買うと、気軽に引っ越しなどで他の場所に移動できなくなります。

ただし、住宅ローンを組んでいる金融機関の承諾があれば、持ち家を賃貸に出し、他の土地に住み替えることも可能です。


まとめ


いかがでしたか?

今回は持ち家と賃貸の違いと持ち家のメリット/デメリットについてご紹介しました。


自分のライフスタイルによって、持ち家と賃貸どちらがいいか異なるので、この記事を是非参考にしてくださいね!

悠悠ホームEQUALでは、福岡・佐賀エリアでお客様にピッタリの注文住宅をご提案しています。

福岡・佐賀エリアでのお家づくりは悠悠ホームEQUALにお任せください!!



SNSでもお役立ち情報や最新情報を
更新しています。